妊娠したい 葉酸

妊娠したい人が飲む葉酸にはどんな効果があるの?

葉酸サプリは妊娠中だという印象が強いですが、妊活中から葉酸サプリを利用している人は多いんです。

 

それはいつ妊娠してもいいように準備をしておくという意味だけではなく、妊活にも嬉しい効果が葉酸にはあるから。こちらでは妊娠したい人が摂取する葉酸の効果を紹介します。

 

妊娠率を上げてくれる効果!


妊活中の人が葉酸を飲む目的として、一番注目なのは、葉酸の妊娠率を上げてくれる効果に期待しているからではないでしょうか。葉酸は血液を作り出す働きがありますからしっかり摂取することで、子宮内の環境を妊娠しやすい状態にしてくれます。

 

葉酸によって、血液でできている子宮の壁が厚くなるので、受精卵が着床しやすくなるのです。

 

なかなか赤ちゃんを授からないという人は、受精はしているのに、着床率が低くうまく着床できないことが原因になっている場合も多くあるようです。

 

だから、葉酸の効果で子宮の壁を厚くすることは着床率をアップさせて妊娠力を高めることにつながるのです。妊活中の女性にはぴったりの効果ですよね。

 

染色体異常のリスクを減らしてくれる


葉酸は細胞分裂をサポートする栄養素です。妊娠する前、まだ受精卵が卵子と精子の状態の頃にも細胞分裂は行われていますから妊娠前にも葉酸は必要です。

 

もし、葉酸が不足していると、卵子や精子の細胞分裂が正常に行われないので染色体異常を引き起こしてしまう可能性があります。不妊の原因にもなりますから、妊活を頑張りたい人にとっては避けたいリスクですよね。

 

妊娠してからも流産や、胎児の先天障害やダウン症の原因になるので卵子や精子の染色体異常を防ぐことはとても大切なことです。女性だけでなく男性も一緒に葉酸をサプリで飲んで染色体異常のリスクを減らしましょう。

 

万全の状態で赤ちゃんを迎えられる


妊活中から葉酸を飲んでおくことは、万全な状態で赤ちゃんを迎える事にもつながります。

 

葉酸が妊娠初期の胎児の発育のために必要不可欠であることは広く知られていますが、妊娠に気づいてから葉酸サプリを飲んでも脳や神経ができる大事な時期に合わないということも多いです。

 

妊活中から飲んでいれば、胎児の発育に葉酸が必要な時に確実に葉酸が足りている状態で居られますから、神経管閉鎖障害などの先天異常のリスクを減らすことができます。

 

妊活中から葉酸を飲んでおくことで、沢山の効果が期待できそうですね。

 

⇒妊娠準備に選びたい葉酸サプリランキングに戻る